KAE’S ROOM藤森香衣がお答えします

ハート

Kae's room

「以前より、イライラしてしまいます」治療が一段落したのですが、気分が晴れません。できないことが増えているため、「病気にならなかったら、こんな事は簡単に出来たのに」と、すぐにイライラしてしまいます。家族は、最初は私の言うことを全部受け止めて聞いてくれていましたが、最近では「どうして、そんなにワガママなの?」と呆れたように言われてしまいます。 家族に理解されず、孤独を感じてしまい、この気持ちをどうしたらいいのか分かりません。

体が以前と違うことは、ご本人にしか分からないため、つらいですよね。 私にも、人には分からない「つらい箇所」があり、この体と付き合っていくしかないんだなーと思っています。 この「自分の体と付き合ってい... MORE

「家族間で、意見が分かれています」30代前半の姉が病気になり、闘病から1年半が経ちましたが、両親は未だに不安らしく、 姉が“したいこと”を制限します。私は、姉が行きたいならば旅行に一緒に行ったりしたいですし、新しいこと(転職を考えている)を始めてもいいと思っていますが、元々、保守的な家庭なので、両親には良い顔をして貰えません。姉も病気の事で両親に心配をかけたので、わがままを言わないように我慢しているようです。 妹として、家族が納得できるようにするには、どうしたら良いでしょうか。

お姉さん想いの優しい方ですね。 意見はそれぞれ違うものの、あなたのご家族が全員「お互いを想う気持ち」は同じです。 病気は、普段は考えないようにしている“まさかの出来事”であり... MORE

私は乳がんサバイバーですが、他の種類のがんサバイバーさんとも、仲良くなれるものなのでしょうか。周りに、あまりサバイバーの方がいないので、違うがんの治療をした方と出会った時、どんなお話をしたらいいのか分かりません。

私は活動を行っているので、色々な種類のがんを経験された方とお会いします。 同じ乳がんであっても、罹患した年齢や、がんの種類、環境で悩みも様々であるように、他の種類の病気であっても、「治療法も環境も悩... MORE

30代の男性です。 母から突然「病院で、乳がんの告知をされた」と電話がありました。「今後の手術や治療法についての説明をしたいから、ご家族にも来て貰ってください」と、お医者さんから言われたそうです。私は一人っ子で独身なのですが、こういう場合、息子としては何をしたら良いのでしょうか。

私が啓発活動をしてから、男性からのご相談も多く頂いています。 そして当然ですが、男性のほとんどは「女性の胸のつくり」をご存じありません。 なので、私は男性からのそうした相談の際は、いつも【女性の胸の... MORE

がんの告知をされ、仕事を辞めようか悩んでいます。まだ、治療期間がどれぐらいになるのか、決定していないのですが、会社の上司や同僚に迷惑を掛けたくないのと、「病気になってしまった人」と言う目で見られたくありません。こんな気持ちで、仕事を続けられるのか、とても不安です。

病気が分かったばかりで、とても混乱もされていることと思います。 主治医は、どのようにおっしゃっていますか? もし、「お仕事を続けながら、治療ができます」だったり「少しお休みして治療すれば、お仕事にも... MORE

家族が、がんになりました。治療で大変な時に、私が弱音を吐いてはいけないと思っているんですが、不安と悲しい気持ちで苦しいです。一番つらいのは、治療をする本人なのに…みんなで頑張らなきゃいけない時なのに、弱い自分が情けなくなります。

私が校生の時、大好きな祖母が すい臓がんになりました。当時は本人への告知をしなかったので、祖母に嘘をついて過ごすのが本当に苦しかったです。 せん妄(せんもう)があったり、時に痛みを感じている祖母を見... MORE

術後、初めて旅行に行くんですが大浴場が不安です。傷を人に見られるのではないかと考えると、気が重いです。

他の女性と一緒に入る大浴場は、緊張しますよね。 私は祖母も乳がんだったので、そうしたサバイバーの女性の気持ちを幼い頃から見てきました。 私も初めて大浴場に行く時は、緊張しましたよ。 (体質で、再建の... MORE

「病気を打ち明けるべきでしょうか」私は、周りの人に自分の病気のことを言いたくありません。“病気の人”と思われて 腫れ物に触るように扱われるのが、イヤだからです。 できればずっと、病気のことは(家族以外には)言わずにしていきたいのですが、難しいでしょうか。

無理に誰かに言う必要は、全くないと思います。一番、重要なのは、あなたが苦しくならないことです。サバイバーさんの生き方は、人それぞれですから、公表せずにずっと過ごしている方も沢山いますよ。 自分の病気... MORE

乳がんになった事をすぐに公表し、さらにNPO法人まで立ち上げた理由は何ですか?

私は、11才からモデルという仕事を始め、子役、OLさん、主婦…という「モデルとしての仕事」が、実年齢と共に変化する中で、自分自身というものも使って何かやりたいなと、ずっと思っていました。モデル業の他に... MORE


Copyright2016 © NPO法人C-ribbons(シーリボンズ) All rights reserved.