CORPORATE OVERVIEW法人概要

ハート

 

 

  • HOME
  • 法人概要
  • 理事のご紹介

 

 

 

理事のご紹介

代表理事 藤森 香衣 TENCARAT Plume所属

代表理事 藤森 香衣 TENCARAT Plume所属

私は11才からモデル始め、学業と両立しながら社会の仕組みを学び、働いてきました。モデルとしての仕事をする中で、素晴らしい人たちと出会い、「自分でも、世の中に役立つものを生み出し、社会貢献をしたい」と、いつの頃から考えるようになっていました。

どんな社会貢献ができるかを漠然と考えていた時、植物が好きだったことからアロマテラピーを学びました。そして、その知識を活かすため、お店でも少し働かせて頂くことになり、そこでアルバイトをしていた、ひとりの女子大生と仲良くなりました。

とても綺麗な子で、彼女は大学を卒業した後、就職するとすぐに結婚し、若くしてママになりました。そうして幸せだと思っていた矢先に…彼女から「乳がんになった」と伝えられたのです。

20代の女性が、がんになるなんて…ショックを受けている私たちに向かって、彼女は「私のように『もっと早く見つかっていたら』と思わないために、検診を受けてね。」と、気丈に伝えてくれたんです。

本当に残念なことに、彼女は他界しましたが、彼女が「検診を受けて」と言ってくれたお蔭で、私は自分の乳がんを早期で発見することができました。

「彼女の遺した想いを多くの人に伝えたい」…そう考え、術後すぐに病気を公表し、啓発活動を行う決心をしました。 私たちのNPOを患者さん向けに限定していない理由は、私の中で、ずっと【さまざまな立場の自分】が葛藤していたからです。
私は自分が罹患し、「患者としての立場」もお伝えしたいことではなりますが、乳がんだった祖母を思う「家族の立場」、そして、患者さんを支える「周り人の立場」なども、大切だと強く感じているからです。

「それぞれの気持ちを置き去りにし、我慢して過ごすのは、みんなにとって幸せなんだろうか」そうした考えから、コミュニティサイトを作りたいと考え、NPO法人を立ち上げることにしました。
二人に一人が、何かしらのがんになる時代。 患者さんも支える人たちも、「経験したからこそ、伝えられること」があり、 それは社会全体に必要であると考え、活動していきます。

講演

がん研究振興財団、国立病院機構、乳房健康研究会、品川女子学院、 Cancer Month Kyoto、東京都ピンクリボンイベント、生命保険会社…など

 

副理事 小高 千枝 小高千枝メンタルヘルスケア&マネジメントサロン代表 心理カウンセラー/メンタルトレーナー

副理事 小高 千枝 小高千枝メンタルヘルスケア&マネジメントサロン代表 心理カウンセラー/メンタルトレーナー

「生物として生きる人」「文化をもたらす人」へと成長進化をとげる人間の在り方への興味や、自身の絵本作家になりたかった夢の実現のため、人間の心の基礎が育まれる乳幼児教育、発達心理学、児童心理学などを学生時代に学ぶ。

人格形成を肌で感じるために幼稚園教諭として従事、教育の現場で実践を積む。

その後、一般企業にて人事、秘書、キャリアカウンセラーなどを経験。2007年の開業後はより心理に特化し、多くの人のメンタルヘルスケアサポートに携わる。

自身の経験から、同世代の女性の気持ちに寄り添うカウンセリングを中心に、メンタルケアの分野の幅を広げ、ストレス社会で生きる現代人の「心の免疫力」を高めるためのセッションを提供。

個人カウンセリング、企業におけるメンタルトレーニングや講演、コンサルティング
などを主として、まだ日本に根付いていないカウンセリング文化を広げるため、精力
的にマスコミにて情報発信活動を行なう。

現在は自然科学から社会科学に至るアクティブエイジングの学問を深め、心と体がよ
り健康であるための在り方を臨床の現場で伝えている。

書籍

サラリーマン妻夫木マモルの愛妻家生活(竹書房/2015年)
心理カウンセラーがこっそり教えるやってはいけない実は不快なしぐさ(PHP研究所/2014年)
心理カウンセラーが教える本当の自分に目覚める「体癖論」この世を身軽に生き抜くために―(主婦と生活社/2017年 ) 他

テレビ・ラジオ

日本テレビ「ナカイの窓」 NHK・Eテレ「Rの法則」 TOKYOMX「モーニングCROSS」他

企業・団体向け支援活動

内閣府・農園プロジェクト「メンタルヘルス不全・うつ病対策プログラム」
DV・モラルハラスメント・性暴力被害者支援、啓発活動
企業顧問としてメンタルヘルスケア、セルフマネジメントの在り方を伝える 他

 

副理事 田中 愛子(Aiko Tanaka)がんカフェ代表・キャンサーズナイト実行委員会実行委員長

副理事 田中 愛子(Aiko Tanaka)がんカフェ代表・キャンサーズナイト実行委員会実行委員長

教育学研究科にて教育学と心理学を学ぶ。「三方よしの精神で、社会に貢献し利益を出し続ける事業を創りたい」と、経営コンサルティング会社にて複数の新規事業の立ち上げや経営支援に従事。

現在は、人材会社の新規事業の立ち上げに参画し、経営コンサルタント及びシニアエグゼクティブのキャリアコンサルタントとして就業中。

2013年に乳がんと診断され、手術、抗がん剤治療を経て、現在もホルモン療法で治療を継続中。

がんになった経験を元に、後輩のがん患者さんのために何かできないかと、がん患者さんのサポート事業を始める。自分ががんの先輩や友人に助けてもらった経験から、地域にサバイバー同士が出会える場を創りたいと、新小岩に「暮らしの保健室かなで」「がんカフェ」を開設。現在も、会社員の傍らプロボノとして、カフェの運営や患者さんが楽しめるイベントを運営している。テーマは「HAPPY LIFE WITH CANCER!」がんサバイバーががんになる前よりさらにいきいきと生きられる世の中、がんといいやすい社会の実現に向けて邁進中。

活動

「暮らしの保健室かなで がんカフェ」代表 (IHL2015最優秀賞受賞)
NPO法人ヘルスケアリーダーシップ研究会(IHL)運営リーダー・事務局
「がん哲学外来新小岩」「がん図書」「キャンサーズナイト」の企画運営

講演・研修

製薬会社・保険会社等企業向け講演、小学生向けがん教育、がんサバイバー交流会企画等

 

 

 

 

Copyright2016 © NPO法人C-ribbons(シーリボンズ) All rights reserved.